50代のたるみに効く化粧品

50代のたるみに効く化粧品

最後に同窓会に出たのはいつですか?
学生時代は同じ年だったはずなのに
卒業後時間が過ぎるにしたがって
人によって年齢の印象がずいぶん変わってくるものです。
特に50代ぐらいになると
親子ほど年が離れて見える人もいるほどです。

 

「生き方で見た目の年齢は変わる」

 

なんて言い方をしますが
本当に印象年齢の違いが出るのは、生き方ではなく肌のハリです。

 

年を重ねてきたお肌は、
コラーゲンなどの保水成分が少なくなったり
肌を守っている皮脂の分泌量が少なくなることで
徐々に水分を失ってしまいます。
水分を失った肌は、硬くなり
若い頃のような弾力がなくなってしまいます。

 

弾力を失った肌は、重力とともに下に下にと落ちて
たるんだ印象の顔が出来上がってしまいます。
お顔の肌がたるむと、口元や目元などが下がり
全体的に老けた印象になってしまいます。

 

50代のたるんだお肌には、この水分を保っておく力が必要です。
そのためには、コラーゲンやエラスチンといった
肌に水分を蓄えておくための成分を含んだ化粧水を選ぶことが大切です。

 

また、外からだけではなく内側からも肌を元気にするために
睡眠や食事など、生活習慣を見直して
新しいお肌が作られやすい環境を作ってあげることが必要です。